☆ 保険/年金 ☆

 
『ネット生保・若い世代に人気』          /04mnyinfonetseiho

インタ−ネットで生命保険の加入手続きができる「ネット生保」が20〜40代を中心に人気を集めています。


24時間いつでも申し込める便利さと割安な保険料が、支持されているようです。ネット生保は、2008年にネクスティアとライフネット生命保険が開業、2011年5月に、オリクッス生命保険がネット専用の商品を発売した。


ネクスティアは、加入者の7割が30〜40代、ライフネットは8割が20〜30代を占め、若い世代に人気で、人気の理由は、自分の都合にあわせた加入の検討と保険料の安さのようだ。


死亡保険金1000万円で、ネット生保の場合、保険料が30歳で月1000円台、40歳で2000円台で、大手生保で同等の保障得るためには、保険料は2〜3割高く、2倍になることもある。


          


ただ、ネット生保の商品は、中途解約時の解約返戻金がないか、あっても小額、また、配当がない場合もある。


ネット生保、各社のホ−ムペ−ジには、必要保障額を試算できるサ−ビスがあり、自分や家族の年齢、年収、貯蓄額などを入力すると、遺族が生活していくのに不足する金額がわかり、保険金額の算出試算もできることも支持されているようだ。


      ________________________


 
『女性向・自由選択保険』               /04mnyinfoselecthoken

女性向けに、保障内容を比較的自由に選べる保険商品が増えている。基本的な保障に、子宮筋腫や帝王切開による出産など女性特有の病気や手術に対する保障を自分で選んで追加できる保険。


住友生命保険は、2010年2月、女性専用保険「きちんと未来」を発売。

保険料が比較的高い死亡保険を含む介護保険を中核とする保険だが、保険金の総額を低水準の700万円に設定、月々の保険料を約1万円程度にに抑えた、基本的な保障プランに加えて、入院時の支給額を増額したり、乳がんなど女性特有の疾病や手術への保障を増やしたりと、医療保障を自由に追加できる保険を発売。


 また、発売に際して、保険の説明だけでなく女性ファション情報などを盛り込んだ情報誌も作成、保険離れが進む若年層にも身近に感じてもらえるようにしたとのこと。


太陽生命保険も、保障を自由に設計できる「保険組曲ベスト」を発売している。積立保険に各種医療保険などを組み合わせできるようにした商品が、貯蓄志向の強い女性から人気を集め、契約を伸ばしている。


朝日生命保険も、従来の商品「保険王」に、乳がんなど女性の疾病にたいする保障を付けた保険を用意し、女性の契約は伸びている。


 なお、大手銀行でも女性向け保険の開発が進み、りそな銀行は、三井住友海上きらめき生命保険と連携して、女性向け医療保険を2010年7月に発売予定。大手銀行がオリジナルの医療保険を販売するのは初めてで、どんな商品が登場するか注目。


               


      ________________________



 
『自宅にコ−ルセンタ−』               /04mnyinfocoolsenter

米保険大手AIGグル−プ傘下のAIGエジソン生命保険は17日(2009年8月)、スタッフが在宅のまま顧客の問い合わせなどに回答する「在宅型コ−ルセンタ−」を20日(2009年8月)から設置すると発表した。


生保商品は電話での説明が難しく、新規スタッフの教育も大変なため、同社は在宅型を導入することで子育てや両親の介護などで離職した経験者の能力を有効活用したい考えだ。保険業界では初めての試みという。


在宅型でもコ−ルセンタ−と同じ役割を担う。契約者が問い合わせ用の電話番号にかけると、自動で従来型のコ−ルセンタ−と在宅型に振り分けられる。在宅スタッフも特定のパソコンから同社サ−バ−に接続して契約内容を確認できるため、保険金の支払いなどは通常通り相談に応じる。



      ________________________


 
『銀行販売の保険注意』                  /04mnyinfonenkinhoken

銀行が窓口(訪問販売も含む)で販売している個人年金保険を巡るトラブルが急増していると、国民生活センタ−が呼びかけている(22日発表)、同センタ−によると、2008年度に全国の消費センタ−に寄せられた相談は477件で、前年度(205件)の約2.3倍に増加した。契約者の7割以上が60歳以上だった。


鹿児島県の70歳代の女性は昨年8月、銀行の販売員から個人年金保険を勧められた。「元本は必ず返ってくるね」と何度も念を押したが、500万円の変額個人年金を契約させられていた。3ヵ月後、問い合わせると「いま解約すると400万円」と言われた。


国民生活センタ−では「販売員の説明だけで判断せず、契約締結前交付書面をきちんと確認すること。理解や納得ができなければ、書面に署名や押印はしてはいけない」と注意を呼びかけている。



      ________________________


 
『年金保険料で・特例免除』          /04mnyinfohokenexempt

60歳未満で会社を退職か失業した場合、企業の厚生年金から国民年金への変更が必要だ。その際、収入がなくなるなど、経済的な理由で保険料を支払えない場合、特例免除を受けることができる。所得の制限はあるが、審査は緩やかで申請者にとって利点が多い。6月(2009年)の法改正で、さらに有利な内容になっている。


特例免除は、申請する年度または前年度に退職か失業した場合が対象になる。免除期間は、最長で退職した翌月から2年間。手続きは市町村役場か社会保険事務所で行なう。国民年金保険料の申請免除には下記のように所得制限がある。申請者本人はもちろん、配偶者や世帯主を含めた世帯全体での、退職した前年の所得が審査の対象となる。


              


社会保険庁によると、夫婦2人の世帯の場合、全額免除を受けられる所得の目安は92万円以下。これに対し、特例免除の場合、退職した人の所得が除外されるため、所得制限の審査のハ−ドルが低くなる。単身者や、妻が専業主婦など、退職者の所得しかない場合は、特例免除が認められる。


出費を抑えられることに加え、「保険料の未納期間をうまないメリットもある」。病気や事故で障害が残った際に受ける障害年金や遺族年金、老齢基礎年金は、受給資格に必要な加入期間がある。未納期間があると、年金を受けられなくなることがある。だが、免除を受けている期間は「年金に加入している」とみなされる。


さらに、支払いを免除された期間も将来の年金額が一定額保証される。6月に改正国民年金法が成立し、これまで全額が免除された期間の年金額は保険料全額を納めた場合の3分の1として計算されていたが、2009年4月分から2分の1に引き上げられた。「退職時は雇用保険の手続きなどで忙しく、年金まで気が回らない人も多い。経済的に余裕のない人にとって有利な制度なので、役所に問い合わせてください」


納付を免除された後、10年以内なら、さかのぼって保険料を納め、将来受け取る年金額を増やすこともできる。今年4月の免除分なら、2019年4月までは追納できる。


      ________________________


 
『銀行・全店で生保販売』                /04mnyinfobnkhoken

メガバンクによる保険の窓口販売が激化してきた。三井住友銀行は18日(2009.06月)、死亡保障保険など保障性の高い月払いの生命保険19商品を8月下旬から全店舗で販売する方針を明らかにした。一時払いの個人年金保険などを含めると取扱商品数はメガバンク最多の38商品となる。


すでにほぼ全店で保険販売を実施中の三菱東京UFJ銀行は年度内に担当行員を大幅増員、みずほ銀行も生命保険の専用窓口を5箇所で展開している。保険販売を通じて業績が低迷する個人向け事業のテコ入れを狙う。銀行の保険窓販は2001年4月から段階的に解禁され、07年12月には生保の中核商品である死亡保障型保険や医療保険などが認められた。


メガバンク各行が最近、保険窓販に力を入れ始めたのは市況に左右されずに安定的な収益が見込めるためだ。三井住友銀は1日約100万人超に及ぶ集客力を生かして保険商品を売り込み新たな収益源に育てたい意向だ。保険窓販の拡大は一方で、生保業界の事情も影響している。約24万人の営業職員を抱える生保業界の多くは当初、銀行窓販に消極的だったものの、販売不振と業績低迷によって新たな販売経路としての銀行窓販に注目せざるを得ない状況となっている。


            


銀行窓販専用の新商品の開発などが進み、大手4社の2009年3月末の販売実績は92万件まで拡大した。こうした中で、月払い商品は貯蓄性の高い一時払い商品に比べて商品説明が複雑で難しく、販売後も顧客管理などが必要となるため、銀行業界の取り組みは遅れていた。三井住友銀などが積極的な姿勢を示していることに対し、生保業界は銀行業界がどこまで月払い商品の販売に力を入れるか注目している。


      ________________________


 
『年金額現役の4割に』                    /04mnyinfonenkin

厚生労働省は26日(2009.05月)、公的年金の受給額に関する試算結果を社会保障審議会年金部会に提示した。試算によると、厚生年金に加入した会社員男性と専業主婦だった妻の「モデル世帯」は、65歳時点で現役世代の平均手取賃金の5割以上を受け取れる。しかし、受給開始から20年後の85歳では、そのときの現役の平均手取り賃金の約4割に落ち込む見通しだ。


現在65歳のモデル世帯が受け取るのは、現役世代の62.3%に当たる月22万3000円(基礎年金を含む)。後に生まれた世代ほど率は下がるが、現在35歳のモデル世帯でも、65歳時点では50.1%(現在の貨幣価値で26万7000円)を受給できる。

                

ところが、いったん受給が始まった年金額は、物価が上っても翌年度の年金増額を小幅にとどめる「マクロ経済スライド」などで実質的に目減り。このため、現在65歳の世帯では、85歳時点で現役の43.2%(同19万9000円)に、現在35歳の世帯では、85歳時点で40.1%(同28万7000円)に下がる。


厚労賞は同部会に、世代間格差の試算も提示した。例えば来年70歳になる厚生年金受給世帯は、現役時代に払った保険料の6.5倍を受け取れる。これに対し、30歳以下の世帯では2.3倍にとどまった。04年の年金改革当時と比べて若い世代への負担の先送りが強まり、格差が拡大しつつある。


      ________________________


 
『商品供給専門の生保』                   /04mnyinfosupplyonly

住友生命保険と三井生命保険は22日(2009.05月)、インタ−ネットの保険比較サイトなどに商品を供給する新しい生保会社を来年にも共同出資で設立すると発表した。営業職員では取り込めなかった新たな顧客層を獲得する狙いだ。


業績の悪化している三井生命に住友生命が役員を派遣するなど両社は連携を強化しており、新会社設立は具体的な連携業務の第一弾となる。新会社の資本金は250億円前後で、住友生命が80%三井生命が20%を出資する。従業員は70人程度を見込んでいる。


自前の販売ル−ト持たずに商品の開発・供給を専門に行い、効率性を高めて保険料を抑える。終身医療保険を中心に住友生命の来店型店舗や、インタ−ネット上の保険比較サイトなどを通して販売する。将来的には年間5万〜10万件の新規契約獲得を目指すと言う。銀行の窓口販売への供給も検討する。


生保市場は少子高齢化で縮小傾向にある一方、医療保険や貯蓄性保険など、顧客の求める商品は多様化している。三井生命は、金融危機の影響で運用の損失が膨らみ、2009.03月期決算は税引き後利益が赤字となる見込みで、住友生命との合弁会社設立により業績の回復を図る。


      ________________________

 
『年金の世代格差拡大』                    /04mnyinfonenkin1

公的年金の世代間格差に関する厚生労働省の試算結果が22日(2009.05月)、明らかになった。厚生年金は、来年70歳になる1940年生まれのモデル世帯の場合、本人が納めた保険料の6.5倍の年金を受給できる。だが、後に生まれた世代ほど保険料に対する給付額の割合が低下し、来年30歳の80年生まれ以降は2.3倍にとどまる。


自営業者などの国民年金も、40年生まれの4.5倍に対し、75年以降生まれは1.5倍しか受け取れない。従来の想定より、格差がさらに拡大している。


           


厚労省は2004年の年金改革で、長期的な財政の見通しを把握するため5年に1回、財政検証を行なうことを決めた。今回の試算は、その一環として行なった。厚生年金は、平均的なサラリ−マンと同い年の専業主婦が、それぞれの世代の平均的な寿命まで生きたと想定。国民年金は40年加入の1人あたりの保険料と給付額をもとに計算した。


04年改革での厚労省試算とは、対象の年代が一部異なるが、比較できる中で最も年齢が高い45年生まれでは、4.6倍から4.7倍に上昇している。少子高齢化の動向に応じて給付水準を引き下げる「マクロ経済スライド」が、経済前提の見込み違いから実施されていないことなどが原因だ。


25歳以下の若い世代については、04年改革でも今回と同じ2.3倍の想定だったが、高齢世代との格差が拡大している。一方、国民年金については、04年改革で、85年以降に生まれた若い世代でも1..7倍を受け取れるはずだったが、今回は、1.5倍に低下した。


年金財政が厳しさを増す中、今後、実施されるマクロ経済スライドを、04年改革の想定より15年先の38年度まで適用せざるを得なくなったため、後の世代ほど給付カットの影響をうけると言う結果になった。


     ________________________


 
『タ−ゲット型変額年金』                      /04mnyinfovaripen

個人年金保険の一種、変額年金は、運用成績次第で将来の受取額が増減する。払い込んだ保険料相当額の受け取りを約束する「元本保証型」が主流だが、最近は運用が好調なら満期前に値上がり分を確保できる「タ−ゲット型」もある。ただし、仕組みは複雑で、慎重な商品選択が大切だ。


タ−ゲット型変額年金は、定額年金のように契約時に年金が確定しない。運用によって年金額を大きく増やせる可能性もあれば、元本割れのリスクもある。もっとも、年金商品でリスクを嫌う傾向が消費者の間で根強いことから、元本を保証するなどして、安心感を強調する変額年金が増えてきた。

               

みずほ銀行(東京)は4月、「ハイタッチ」という愛称の変額年金の販売を始めた。東京海上自動フィナンシャル生命保険(東京)が開発した、タ−ゲット型年金だ。タ−ゲット型は、元本に当たる一時払い保険料をどれだけ増やすかという運用目標を契約時に定める。ハイタッチの場合、110〜150%(10%刻み)から選択し、同生保の用意した投資信託で10年間運用する。


例えば、目標を120%(元本の20%増し)と設定し、7年後に目標に達したとすれば(グラフのA)、その時点で運用を中止し、成果を確保する。この際、10年の運用終了を待たずに、成果を受け取ることができる。期間中に目標に達しないまま満期時に元本割れした場合も、元本は保証される(同B)。


目標には届かなかったが、満期時に元本より増えていれば増加分が年金額に上乗せされる。同生保金融営業推進室(有賀貴彦氏)は、「元本保証の安心感に加え、運用中の好調な時期の成果を得やすい点が好評です」と話す。ファイナンシャルプランナ−(三輪鉄郎氏)は「利益を自動的に確定してくれる点で、タ−ゲット型には一定のメリットがある」と評価する。ただ、必ずしもお勧めというわけではない。


「投資信託にも、あらかじめ決めた目標に達したら運用を中止する同様の商品が出ており、手数料では投信の方が総じて割安」と話す。投信の場合、申し込み時に投資金額の3%、運用中に年2%程度の手数料がかかるのが一般的。一方のタ−ゲット型の手数料は、運用開始時に保険料の3〜5%、運用中は年約3%の商品が多い。

更に、目標に達しないまま解約すると、数%の解約控除が別途必要になることもある。タ−ゲット型の手数料が割高なのは、運用中に契約者が死亡した時点で元本割れ状態でも、元本を死亡保険金として払うといった保証機能があるためだ。


ほかにも、元本保証には満期まで保有する条件がつくなど、注意すべき点は多い。アドバイザ−(三輪氏)は「仕組みや特徴をきちんと理解し、自分に合った商品かどうか慎重に見極める必要があるとアドバイスしている。


      ________________________


 
『国民年金・保険料を払えないとき』
          /04mnyinfounpaid

不況で会社を退職することになり、生活が厳しく国民年金の保険料を払えそうにないとき。60歳未満で退職すると、会社の厚生年金から、自営業者らが加入する国民年金に変更する必要があります。


失業して再就職が決まらず、家計が苦しくて国民年金の保険料を納付できないときは、退職による「特例免除」を市区町村に申請できます。例えば、専業主婦の妻を扶養している人や単身者が失業した場合、保険料が免除されます。


免除期間に対応する将来の年金額はゼロにはならず、その期間に全額納付した場合の3分の1分を受け取れます。再就職後、保険料をさかのぼって納付することも出来ます。注意すべきは、配偶者や世帯主が働いていると、特例免除を受けられないことがある点です。特例免除は世帯の収入で審査されるためです。(社会保険労務士・池田直子談)


   
    ______________________


 
年金法改正                            /04mnyinfonenkinho


基礎年金の国庫負担割合を2分の1に引き上げる国民年金改正法案は、17日(2009.04月)の衆院本会議で与党の賛成多数で可決された。野党各党は反対した。参議院では24日審議入りする。


改正案は、現在3分の1強の国庫負担割合引き上げに必要な財源約2.3兆円について2009,2010両年は財政投融資特別会計から「埋蔵金」を充てることを明記。2011年度以降は「税制の抜本的な改革で安定的な財源」の確保を目指すとした。


政府は消費税の引き上げを想定しているが、改正案は「安定的な財源」が確保できない場合、「臨時の法制上、財政上の措置」で2分の1を維持するとしており、国債の発行などを迫られる可能性もある。


民主党は、審議を引き延ばす構えも見せていたが、十分な審議時間が確保できたなどとして、採決に応じた。本会議では、民主党などが提案した年金漏れのため支給が遅れた年金に物価上昇分を加算して支給する法案など2法案が全会一致で可決しており、野党の法案に与党が協力姿勢を示したことが影響したとの見方もある。


改正案は、民主党が主導権を握る参院では否決される見通しで、与党は憲法の規定に基づき、衆院の3分の2以上の多数で再可決して成立させる方針だ。民主党が審議を引き延ばした場合は、衆院再可決は6月16日以降に可能となる。

  
    _______________________



[単独]医療保険                          /04mnyinfomedical

病気やけがによる入院や手術などに備える医療保険は、ここ数年、死亡保険とは別に単独で契約できる商品が主流となってきた。中高年層向けや持病があっても加入できるものなど、保険の種類も増えている。


これまで、医療に関する保障は、死亡保険の特約で済ませている人も多かった。ただ、死亡保険の払い込み満期は60歳や65歳に設定される場合が多く、満期になると特約が失効する場合が多い。医療の保障を延長するには追加の保険料を支払う必要があり、支払っても、保障は80歳までといったケ−スが大半だ。


しかし、ここ数年、死亡保険の特約ではなく、医療に関する保障をもっぱら行なう保険が増えてきた。死亡保障や解約払戻金をなくしたり少なくしたりして、保険料を低く抑え、医療保障が死ぬまで続く終身タイプが主流だ。


主な医療保険を下表にまとめた。保険料は、商品ごとに異なり、加入年齢でも異なるため一概に言えない。ちなみに、50歳の男性がオリックス生命の医療保険に「キュア」に、入院給付金1万円の基本プランで加入する場合、保険料の払い込み期間を60歳までに設定すると、月々に支払う保険料は1万6330円、終身払いにすると6850円となる。


          

医療保険には加入せず、貯蓄で様々な事態に備えるのも選択肢のの一つだ。ただ、保険情報サイトを運営する保険マンモスの古川徹社長は「現在の日本人は、男子の約6割、女性の約8割が80歳になっても生存しています。しかし、多くの方が加入している保険の医療特約は80歳で終了する設計で注意が必要です。健康状態が悪くならないうちに、終身タイプの医療保険に加入することをお薦めします」と話している。


     ________________________



簡保不払い問題・注意点                   /04mnyinforemark

旧日本郵政公社時代の簡易生命保険で保険金の「不払い」「未払い」問題が発覚した。かんぽ生命保険は7月までに実態調査を終えて、加入者に保険金の支払いを請求するように促す通知を行う。これまでの経緯と契約者が気をつけるポイントをまとめた。


まず、保険金の不払いや、未払いとは?
加入者が保険金を請求するときに、入院などの特約を見落として、受け取った金額が本来、受け取れるはずの金額より少ない状態になっているのが「不払い」で、かんぽ生命は最大80万件に達するとみている。さらに、保険に加入したこと自体を忘れて契約者が保険金の支払いを請求しないなどの「未払い」も最大60万件あると予測している。


発覚した経緯と調査の進み具合は?
2005年2月から民間の生損保で不払いが相次いで発覚し、社会問題となり、旧郵政公社も不払いについて07年5月から、公社時代に保険金の支払い請求があった約1250万件の契約の調査をはじめた。3月末時点で86%(1080万件)のデ−タ入力を終え、240万件の契約に、契約上の保険金額が正確に支払われていない可能性があることが分かった。さらに、過去の民間生損保の不払いの発生ダ−タなどを基に推計した結果、約80万件が「不払い」になる見通ししだ。


        


今後の対応は?
旧郵政公社から調査を引き継いだ、かんぽ生命保険は7月から、不払いを確認した加入者への通知を始める。今すぐに確認したい場合は、かんぽ生命に問い合わせれば、過去の保険金の支払い状況を調査してもらえる。ただ、調査件数が膨大で、回答までに時間がかかる場合がある。


ほかに注意点は?
住所変更などで、保険が満期を迎えたことなどを知らせる通知がとどかず、加入者自身がきずいていないために、保険金を請求しない「未払い」も多いとみられる。過去に簡易保険に加入した心当たりのある人は、念のために問い合わせをしてみるべきだろう。


      ________________________



生保破綻で受取金減額                     /04mnyinfobreak

経営破綻し、米大手生保プルデンシャルグル−プによる買収が決まった大和生命保険は09年4月10日、更生計画案に基づく保険金の削減状況などを発表した。契約内容や契約した年度に応じて、受け取ることが出来る保険金が契約時と変わらないものから、13%(削減率87%)しか受け取ることが出来ないものまで様々だ。


大和生命は同日、更生計画案を契約者に発送し、個々の契約の減額幅については6月下旬以降、順次契約者に通知する。保険金の削減幅が大きいのは、一時払い終身年金保険などの貯蓄性の高い保険で、契約時の予定利率が高く、契約満期までの残り期間が長いほど保険金は少なくなる。


          


保険金が最も減るのは、2000年に破綻した旧大正生命保険から引き継いだ、一時払いの終身保険で92年度に30歳(女性)で加入した契約で、契約時の13%しか保険金を受け取ることができない。契約件数の約30%を占める養老保険のうち、例えば、20年満期で99年度に30歳(男性)で加入した契約の保険金は88%まで減るが、07年度に契約した同じ保険は、95%の保険金を受け取ることができる。


一方、10年満期の無配当定期保険(06年度以前の契約)で契約時年齢が50歳以上の契約のように、保険金が変わらないケ−スもある。更生計画案は、東京地裁に提出済みで、同地裁が認可すれば、大和生命は、6月から「プルデンシャル ファイナンシャル ジャパン生命保険」として営業を再開、解約にも応じる。ただ、早期解約控除制度が適用され、初年度に解約すると、その時点での解約返戻金が80%まで減る。


     ________________________



簡易生命保険不払い                     /04mnyinfononpay

簡易生命保険に最大80万件の不払いのおそれがあるとして実態調査している日本郵政グル−プのかんぽ生命保険は8日、調査対象の1250万件の保険契約について、5年となっている保険金請求の時効を停止したことを明らかにした。


請求がないために支払われていない契約が別に60万件あると見積もられることから、請求期限が過ぎて保険金を受け取れない事態をなくす措置だ。今回の調査対象は03年4月の公社発足時以降に支払請求があった契約。


日本郵政公社時代の保険契約を引き継いだ独立行政法人「郵便貯金・簡易生命保険管理機構」の了解を得て、時効を停止した。調査は07年5月から行われ、機構から委託されたかんぽ生命保険は、延べ1000人弱を投入し支払いもれの有無などを調査している。


現在は一部についてコンピュ−タ−による検証を終え、手作業での検証に入った。年内にもコ−ルセンタ−などの問い合わせ窓口を整備し、調査を終えた契約から順次、支払もれの有無などを受取人に通知する。



      ________________________



生命保険の見直し                       /04mnyinfominaoshi


保障内容を下げずに保険料を抑えるには、どうすればいいのか生命保険の保険料は、どの生命保険会社も変わらないと思われがちですが、実は大きく違います。金融自由化の波は生命保険にも及び、かつては横並びだった保険料は、今では各社間で大きな差が出るようになりました。


保障が同じ定期保険でも、毎月支払う保険料は、会社によって1〜2割り程度の差がついています。また、たばこを吸わない人や健康な人を対象とした「非喫煙優良体」タイプの生命保険を用意する会社もあります。標準型の商品に比べると、保険料が2〜4割りも安くなっています。


保険料が安い会社のひ喫煙優良体タイプの商品は、他社の標準型商品に比べて、総払い込み保険料が半分程度になることもあります。見直しの際には、各社の商品を比較して検討することも必要です。

     ________________________



学資保険・祖父母も契約できる             /04mnyinfoeducfund

将来の子どもの教育資金を効率的に準備する「学資保険」のバラエティ−が広がってきた。祖父母が孫のために保険をかけられるよう契約者の年齢制限をなくしたり、お金の受け取り時期を選べたりと、家庭の事情にあわせて選べるようになっている。


学資保険は一般的には両親が契約者となり、保険料を支払えば、指定の進学時などに祝い金を受け取れる。不慮の事故などで契約者の親が亡くなった場合、保険料の支払いがなくなる「払い込み免除」が付くケ−スが多い。


そのため、契約者に年齢制限を設け、健康状態の告知を求めてきた。学資保険で4割りを超える契約者を持つ簡保生命保険は、年齢制限を55歳に設定している。しかし、最近は孫のために加入したいという祖父母が増え、民間生保を中心に条件を緩和し、加入しやすい保険も増えている。


アメリカンファミリ−生命保険(アフラック)は、契約者の年齢制限を撤廃した商品を販売している。払い込み免除はないが、健康状態のチェックなしに、「手軽に家族総ぐるみで子どもの将来を応援できる」のがウリのようだ。


              

ソニ−生命保険は、保険料の一括払いを条件に年齢上限を75歳とし、祝い金の受け取り時期などもえらべる。また、日本生命は契約者の親などが死亡した場合、育英費用がもらえる商品もそろえている。


このアフラックとソニ−の学資保険は、元本割れのない貯蓄型だ。「貯蓄型なら、教育費という明確な目的で積み立てができて家計にもプラス」になるとしている。



     _________________________



老後に基礎年金を受け取るには!?        /04mnyinfopension

国民年金の第3号被保険者(表-1)の中には、過去に届け出を忘れて年金記録が空白になっている人もいる。空白期間を帳消しにする特例措置もあるので、「ねんきん特別便」や「ねんきん定期便」で空白期間に気付いたら、早めに手続きをしておくことが大切だ。


首都圏に住む女性(60)は昨年、自宅に届いた「ねんきん特別便」を見て驚いた。自分は夫の被扶養者であるため、第3号被保険者と思っていたが、記録は違った。若い頃に数年間勤めた際の厚生年金の加入記録だけで、公的年金の加入期間が25年に満たない無年金になる可能性があった。


知り合いの社会保険労務士に特例措置を教えられて、手続きをして空白期間は解消された。だが「専業主婦をしていた間、ずっと夫に扶養されていたことを証明するのは、簡単ではなかった」という。特例措置は、過去に届出を忘れていても、さかのぼって3号であったことを認めてもらえる制度。


社会保険事務所に必要書類を提出し、認められれば空白期間を帳消しにできる。年金問題研究会(東京)代表の秋津和人さんによると、手続きには社会保険事務所にある特例届けの書類のほか、過去の課税証明書、健康保険証などが必要になる場合もある。
(表-2)「届け出た後も、毎年送られてくる、ねんきん定期便を見て、確認が必要。


第3号被保険者は制度が始まった1986年当初、自分で手続きをとる必要があった。だが届け出漏れが相次いだことから2002年4月以降は、配偶者の勤め先を通じて届け出る方式に。さらに、救済策として、2005年4月に特例措置が始まった。それ以前は、気付いても、2年間しか回復できなかった。


今ではいつでも3号の記録を回復できるわけだが、「長期間、専業主婦で年収が130万円未満だったことを、後から証明するのは難しい場合もあり、気付いた時点で手続きしたほうが良い」。社会保険庁も「空白期間があると分かったら、すぐに最寄の社会保険事務所に電話で問い合わせを」と呼びかけている。届出に必要な書類や書式を、自宅に郵送してくれる。


配偶者が失業や転職をした場合も、第3号被保険者は注意が必要だ。例えば、配偶者が2ヶ月間、無職になると、その間は3号からはずれ、第1号被保険者として、保険料を支払う。「3号の人は、配偶者が企業などに属している間は手続きが必要ないため、いざと言うときの届出を忘れがち。保険料を支払うのが難しければ、免除もしてもらう制度もある。自分の身を守るためにも手続きを忘れずに」。


              
                    
 表-1


           
                     
 表-2


      ________________________



『失業中の健康保険』                  /04mnyinfohealthinsurance

会社で加入していた健康保険は、退職翌日には使えなくなります。すぐに加入手続きをとりましょう。新たに健康保険に加入する方法は主に次の三つです。


@国民健康保険に加入、これは、前年度収入で保険料が決まります。A退職した勤務先の健康保険に「任意継続被保険者」として加入、これは、扶養家族が多い人に有利。在職中と同様、自分が扶養する家族も加入できます。


保険料は、会社負担分がなくなるため在職中の最大2倍となりますが、上限があります。主に中小企業が加入する「協会けんぽ」の場合、上限が月約2万3000円です。加入するには退職後、必ず20日以内に自分で手続きをとる必要があります。


B家族の健康保険に被扶養者として加入、しかし、本人の保険料負担はなくなりますが、雇用保険から失業時の給付を受けていると原則加入できません。
(社会保険労務士・池田直子談)


      ________________________

       
 
『ネット生保便利で割安』                      /04mnyinfoseiho

インタ−ネットで生命保険の申し込みができる「ネット生保」を利用する人が増えている。24時間いつでも手続きできる便利さや保険料の安さなどが若者を中心に支持されている。


ネットで申し込みができるネット保険は現在、SBIアクサ生命保険とライフネット生命保険の2社が実施している。どちらも実質的にはネット専業の保険会社で、ともに2008年に営業を開始した。販売するのは医療保険と死亡保険で、商品数を絞り込み、選びやすさを打ち出している。


ネット生保の最大の特徴は、外交員を置く必要がなく、販売経費などを大きく抑制できるため、一般の保険に比べて保険料が割安に設定されている。例えば、ライフネット生命では「一般の生保商品の半額を目指した料金設定」。


もう一つの特徴は、ネットで商品の解説をじっくり読みながら、いつでも商品を選べる点だ。健康状態の審査も原則、ネット上で審査項目にチェックを入れることなどで行える。年齢や保険金額などを入力して保険金の見積もりもできる。支払いはクレジットカ−ドや口座振替で行う。


ライフネット生命の2008年12月の新規契約件数は528件と、同社の過去最高を記録。景気後退にもかかわらず、20歳代〜30歳代を中心に加入者が増加している。


保険に加入すると、ネット上に自分の保険内容を確認できる「マイペ−ジ」が設定される。万一の場合に備え、配偶者などの保険金受取人や指定代理請求人に、マイペ−ジのIDやパスワ−ドを知らせておくほか、郵送されてくる保険証券がどこにあるかを教えておくことも必要になるだろう。


         


         



     _________________________



見聞ニュ−ス
/04mnyinfo_insupen
気まれコレクションへ⇒

    「気まぐれコレクション」

 「保険/年金」関連記事
    項     目



  保険/年金・21
  ネット生保・若い世代に人気
 ---------------------
 保険/年金・20
 女性向・自由選択保険
 ---------------------
 保険/年金・19
 自宅にコ−ルセンタ−
 ---------------------
 保険/年金・18
 銀行販売の年金保険注意
 ---------------------
 保険/年金・17
 年金保険料で「特例免除」
 ---------------------
 保険/年金・16
 銀行・全店で生保販売
 ---------------------
 保険/年金・15
 年金額現役の4割に
 ---------------------
 保険/年金・14
 商品供給専門の生保
 ---------------------
 保険/年金・13
 年金の世代格差拡大
 ---------------------
 保険/年金・12
 タ−ゲット型変額年金
 ---------------------
 保険/年金・11
 国民年金・保険料を払えないとき
 ---------------------
 保険/年金・10
 年金法改正
 ---------------------
 お金(家計)・5
 大卒初任給据え置き
 ---------------------
 保険/年金・9
 「単独」医療保険
 ---------------------
 保険/年金・8(6の続き)
 簡保不払い問題・注意点
 ---------------------
 保険/年金・7
 生保破綻で受取金減額
 ---------------------
 保険/年金・6
 簡易生命保険不払い 
 ---------------------
 保険/年金・5
 生命保険の見直し
 ---------------------
 保険/年金・4
 
学資保険・祖父母も契約できる
 --------------------- 
 保険/年金・3
 老後に基礎年金を受取るには!?
 ---------------------
 保険/年金・2
 
失業中の健康保険
 ---------------------

 保険/年金・1
 
ネット生保便利で割安
 ---------------------


 

 カテゴリ−別・過去記事

  お金(家計) ・・・・・・ (9)
   住宅ロ−ン ・・・・・・  (8)
   カ−ド利用 ・・・・・・ (12)
   銀行/金融 ・・・・・・ (10)
   お買い物/他 ・・・・ (11)





     項目一覧に戻る⇒


お金(家計)住宅ロ−ンカ−ド利用保険/年金銀行/金融お買い物/他