昭和初期から現在にいたる、お金の変遷に時代と世情の変化を重ね合わせて貨幣と紙幣の紹介。


先ずは、太平洋戦前、戦中から戦後、戦中戦局の悪化により、日中戦争から太平洋戦争終結決までの間に補助貨幣として使用されていた金属素材(アルミ青銅貨・十銭、アルミ貨・十銭、錫貨・十銭など)に変わり十銭、五銭日本銀行券・紙幣が戦争末期の昭和19年(1944)に代替発行され、戦後昭和21年(1946)に発行の5銭錫貨、50銭黄銅貨と共に昭和28年(1953)使用停止、失効されて現在の10円・青銅貨の製造が開始。


そして、1円・アルミ貨、5円黄銅貨、また、昭和26年(1951)に発行の50円紙幣(B券)に昭和30年(1955)50円ニッケル貨が追加、昭和32年(1957)に100円紙幣(A券・昭和21年発行/B券・昭和28年発行)に100円銀貨が加わり、更に、25年の時をおいて500円紙幣
(C券・昭和44年発行)の代替として、昭和57年(1982)500円白銅貨が発行。


一方紙幣においては、1,000円が昭和25年(1950)に発行されて以来モデルチェンジ3回、部分印刷色の変更を数えると7回、5,000円は昭和32年(1957)、10,000円は翌年、それぞれ発行以来、各4回の変更(部分印刷色の変更1回含む)を経て、人気のな2,000円が平成12年(2000)に加わり現在の通貨構成となっています。


以上、簡単に通貨の変遷を記述しましたが
(単文にしたため、お解りにくい場合は、下記"一目でわかる"「額面別略年表」をご参照下さい)通貨の変遷から戦後の国内状況を考察すると額面100円までの通貨は、昭和21年以降昭和34年に至る14年間で紙幣の殆どは貨幣に代替、ましてや100円においては、銀素材での発行もなされて戦中の金属材不足は完全に解消され通貨で国内状況の変化を見る限り国力は回復していることが窺える。


更に、昭和57年には500円までもが紙幣から貨幣に変わり、国力は完全に復活したことを裏付けています。そもそも昔から国力の指標は、経済力はもとより通貨が貨幣であることとその素材により国力が判断、評価され、紙幣においては印刷技術と云っても過言ではないと思ってきました。


一方、製造技術も最たるものだと思います。また、製造する造幣局も常に偽造対策を意識しながら、デザイン、制作していることが以下の点からも窺い知ることができます。


昭和57年(1982)と、平成12年発行の500円貨幣のデザインは使う人の誰もがあまり気が付かないまま使用していたことと考えられるほどの工夫が施されています。


昭和57年(1982)発行の500円貨幣は厚みの薄い外周面に、縁刻レタリングで次の文字 「 NIPPON ◇ 500 ◇ NIPPON ◇ 500 ◇ 」の刻印を施し、平成12年(2000)発行の500円貨幣は見る角度により“数字0文字のなかに、更に、500円の文字” あるいは、帯状が浮き上がる仕組みが施されています。(参照は青線文字をクリックして下さい)


以上の状況を踏まえて、各通貨とも代替通貨の発行により消えて行く経過をたどる中、都度、手元に残した通貨と、併せて、通貨全形態の変遷が一目でわかる額面別略年表、並びに、紙幣図柄などを一覧表で紹介します。(同上)


また、現在に至る過程で時々のイベントにて発行の記念貨幣の内、手持ちの記念貨幣 全発行内容一覧表、並びに、代替貨幣の発行により最近殆ど見かけることのなくなった一般貨幣の図柄なども併せて紹介します。(同上)




トップペ−ジに戻る

■ 貨幣と紙幣
04_collections_money
カスタム検索