00・さ  ぎ  草
  さぎ草は、中間湿原に自生する
  日本原産のラン科ミズトンボ(ハ
  ベナリア)属の多年草

  08・シンビジュ−ム
   蘭(らん)科の植物で花芽を持つ
   時期は11月頃、開花は1月頃で
   永い期間鑑賞できます


  
72・孔雀サボテン
  同種で、月下美人がありますが
  月下美人は夜咲いて朝に萎む花
  孔雀サボテンは昼間でも咲く

鉢植え草花

 君子蘭
 
シンビジュ−ム
 
孔雀サボテン
 
鷺 草
 
紫 蘭
 
ねじれ草
 
あっつ桜
 
あさがお
 
さつき
 
サフィニア
 
サンベリ−ナ
 
パンジ−
 花の名不詳

  仙人掌
  ・種類不詳

 あろえ
 蘇鉄
 万両
地植え草花

 みやこわすれ
 
彼岸花
 
やぶ蘭
 
つやぶき
 ば ら

  南天
 千両
 あじさい
 くちなし
 玉珊瑚








 わが家の自生野草花
   雪の下
  化粧花
  たんぽぽ

  むらさきかたばみ

   つゆくさ
戻 る
http://www.a-star7.com/03fls/03kusabana.html
2008年・わが家の草花雑記帳           INDEXに戻る⇒
















3月〜5月 花・開花の移り変わり
(青文字は拡大写真があります)


                     
シ−ラ
  榊の花     糖ぐみの花   
カンパニュラ−タ    君子らん      クレマチス
        
120・08.3.29・写   118・08.3.29・写  117・08.4.16・写   121・08.4.25・写   116・08.4.26・写


 すずらん        シラン      
シンビジュ-ム   シンビジュ-ム  さつき・八咫の鏡
        
114・08.5.9・写    122・08.5.12・写   
124・08.5.12・写  125・.08.5.12・写   126・08.5.22


 
さつき・金采     花の名不詳   さつき・品種不詳       さつき・貴公子
        
127・08.5.22・写   
128・08.5.22・写   129・08.5.24・写   146・08.5.3・写   147・08.5.3・写




  6月〜8月 花・開花の移り変わり (青文字は拡大写真があります)


                                            
  むらさき
さつき・品種不詳  
孔雀さぼてん    あじさい        なんてん       かたばみ
      
147a・08.6.4・写    148・08.6.5・写   149・08.6.7・写   151・08.6.19・写   150・08.7.1・写


 玉珊瑚の花    玉珊瑚の実      ねじれ草       つゆくさ        小 菊
        
152・08.7.2・写    153・08.7.2・写   155・08.7.4・写   156・08.7.5・写    157・08.7.5・写

サルビア・ミクロフィラ
ホットリップス    
 くちなし
  
158・08.7.5・写   159・08.7.5・写











花の教室・バラについて


   ばらは古くから栽培されてきた花で、昔は花を見て楽しむと言うより香料や薬
   をとるために植えられていたようで、ばらの歴史は、ヨ−ロッパからギリシャ、
   ロ−マを通り各地に広がって行き、広まる過程で、特にフランス、ドイツで多く
   の品種が作られていたようです。


   
   シャルル・マルラン

  1951年フランスのメイ
  アン作。いわゆる「黒
  ばら」と言われるもの
  で、花びらはビロ−ド
  のようにつやがあり、
  花はあまりつかない。
  
 クリスチャン・
     ディオ−ル

 1985年フランスのメイ
 アン作。花もちがよく、
 花も多く、しかも色が
 すぐれている、香りも
 強い。

 
 クラウス・ステルテ
       ベ−カ−

 1963年ドイツのコル
 デス作。花びらはビロ
 −ドのようである、特
 に花もちがよく、ほか
 の品種より三日ぐらい
 永く開いている。
 
  ス−パ-・スタ−

 1960年ドイツのタンタ
 ウ作。花びらはつやが
 あり、すきとおるような
 感じ、花は終わりまで
 色があせない、作りや
 すい
   
     ツィガ−ヌ
  1951年フランスのメイ
  アン作。花びらの表は
  赤、裏はこい黄色をし
  ている、しかし、色は
  あせやすい。
 
  エナ・ハ−クネス

 1946年イギリスのノ−
 マン作。ほのおのよう
 な明るい赤色が特色
 寒い地方では、とくに
 美しい色を出す。
 
    モンテズマ

 1955年アメリカのア
 −ムストロング社発表
 。直径15cmの大輪、
 香りはない。
 
 コルデス・パ-フェクタ
     シュ−ペリア
 1964年のドイツのコル
 デス作。花の形がひじ
 ょうによい。

   
    コンフィダンス
  
  1951年フランスのメイ
  アン作。花びらの中心
  が黄色になり、香りが
  強い。


 
 クイ−ン・エリザベス
 
 1954年アメリカのラマ
 −ツ作。花がたくさん
 つき、病気にかからな
 い点がすぐれている。


  
  ウィナ−・チャ−ム
 
 1964年ドイツのコル
 デス作。つぼみはオ
 レンジ色だが、開くと
 だいだい色になる。


  
   あまつ・おとめ

 1961年日本の寺西作
 。オレンジ色で橙色の
 ふちどりが入ることもあ
 り、花のつけねが弱い
 が、日本の気候によく
 合っている。
  
  スタ−リング・
         シルバ−

  1957年アメリカのフィ
  ッシャ−作。紫色のば
  らのなかでは、一番す
  ぐれている、病気にか
  かりやすいのが欠点。


 
 コルデス・
      パ−フェクタ
 1957年ドイツのコルデ
 ス作。花の中心はクリ
 −ム色、まわりに桃色
 のふちどりが入る美し
 いばらで、育ちもよい
 優秀品種。

 
 ロ−ズ・ゴジャ−ル

 1958年フランスのゴ
 ジャ−ル作。花びらの
 表は濃い桃色に白の
 ぼかしが入り、裏は白
 に桃色のぼかしが入
 る美しい花である。


 
 
    ピ−ス

 1942年フランスのメイ
 アン作。花がたくさん
 つき、直径15cmにもな
 る、花もちがよく、性質
 も強く、あらゆる点で戦
 後最高の傑作である。


 参考資料 :文英堂・カラ−学習
さぎ草の手入れ
 昨年、花を咲かせた(00・さぎ草写真)さぎ草の球根を3鉢
に分けて4月初旬(少し遅い)に植え替えをしましたが、根が
付き葉がでて生育も順調

     
 
 123・08.05.09・写す
シンビジュウム株分け鉢の開花
 昨年、開花後株分けをして三鉢に植え替えたシンビジュ−
ムが、11月ころ花芽をだし開花越年した、シンビジュ−ムが
現在満開、それとは別に種類の異なるシンビジュ−ムも一
鉢開花し同じく満開、いずれも先に咲いた花は、まもなく花び
らが散りゆく時期にきているようです。
(2008.03.11)
  
 
  
119.・08.02.24・写す

        季 節 草 花


小さな庭に地植えで生育する季節の草花、鉢植えにして季節に花を咲かせて鑑賞する手持ちの花と庭に自生の野草花などを紹介するペ−ジです。