見聞ニュ−ス
  /03flsinfobeautyskin
◇ 美・肌 ◇
 | 花(旅)美・肌 |
項目一覧へ戻る⇒
 花・index へ⇒
 
『男の化粧品』                             /03flsinfomancosme2

最近、男性向け肌の手入れ(スキンケア)用化粧品に、新製品が相次いでいるようだ。男も「顔の手入れも身だしなみの一つ」との意識が高まっているらしい。「男性皮膚用化粧品」は、2008年より16.9%も増えている。

ニベア花王が2002年に男性用スキンケア専用ブランドを売り出し、2004年に資生堂、2006年にロ−ト製薬と続いた。資生堂のブランド開発担当者は「百貨店のメンズ館の登場などでスキンケアにお金をかける男性が増えた」とのこと。

一方、マンダムのPR担当者は、「写メ−ルの普及で、若年層を中心に男性も顔を気にするようになった」と指摘する。マンダムの調べでは、男性の洗顔料の使用量は2005年48.8%から2009年に59.4%に増加。大学生では85%を超えた。

最近は、美容液や乳液、クリ−ムなど商品も多様化。ドラッグストアなどでも品揃えが充実し、百貨店ではカウンセリングつきの専用売り場も登場しているとのこと。


                   


        


              ―――――――――――――――――――――

 
『男性用基礎化粧品』                        /03flsinfomancosme

寒さが厳しさを増すこの時期、顔などの日々の手入れは、女性だけでなく男性も重要。荒れた肌に潤いを与えてくれる男性向けの基礎化粧品で注目の商品を以下、三つ選びました。

1.資生堂の男性ブランド「シセイドウ メン」のト−タルリバイタライザ−は肌のハリとつやを保ってくれる顔用クリ−ム。

2.「アラミス ラボ シリ−ズ」のエイジ レスキュウは、シワやたるみが気になる人向けの「アンチ・エ−ジング」商品。ジェル状のロ−ションでさっらとした感触。

3.冬も紫外線には気をつけたいもの。「クリニ−ク」のタイムディフェンス ハイドレ−タ−は、保湿とともに、日焼けを防ぐ効果もあり無香料なので香りが気になる人におすすめ。
 以上、三越・コスメアドバイザ− 小西幸枝さん談。

                      
       1.「シセイドウ メン」     2.「アラミス ラボ シリ−ズ」    3.「クリニ−ク
      ト−タル リバイタライザ−      エイジ レスキュ−        タイムディフェンス
                                                  ハイドレ−タ- 15



              ―――――――――――――――――――――

 
『12万円のクリ−ム』                         /03flsinfoaround40

今話題の「アラフォ−」世代の女性は、商品を選ぶ際、品質や高級感を優先する傾向ががあるといわれている。サイフのヒモが固くなりがちな昨今だがたまには一点豪華。資生堂の最上級ブランド「クレ・ド・ポ− ボ−テ シネルジックライン」。2008年9月に9品目を発売、スキンクリ−ムだけで、12万6000円、保湿液などを合せると、20万円前後、しかし、発売1ヶ月で、販売計画の5割り増し。ノエビアは2008年6月ブランド「スペチア−レ」を一新し、10万円を超えるスキンクリ−ムと、4万円近いロ−ションを発売。2ヶ月余りで販売目標の30億円を突破。購入者の半分以上が「アラフォ-女性」。彼女たちは、就職がバブル期にも重なり、贅沢になれている。各業界とも彼女たちの消費に期待をよせている。

              
      スキンクリ−ムの体験を勧められる女性客       



              ―――――――――――――――――――――



   
『紫外線とつきあう』          /03flsinfouv

紫外線の影響を研究してきた東海大学名誉教授(佐々木政子)は、紫外線(UV)を防ぐ最適な装いは、日傘と帽子だけでも40%低下させることができ、また、日傘やいの色も重要で快適さを考えれば白色がお勧めです。紫外線は白内障などの原因をもたらすので目の保護に、UVカット加工の薄い色のサングラスが良い、暗い色のサングラスは目を見開き紫外線の影響を受けやすい、装いも最近は、セラミックを練り込んで紫外線カット繊維を使用した衣服が販売されているのでこれらを利用して快適に過ごしてほしいと話しています。


              ―――――――――――――――――――――



 
『お肌に紫外線対策』                           /03flsinfouvcut

4月に入り、ますます紫外線は強力になり、女性は本格的対策が必要となる時期です晴れの日の紫外線を基準にすると、曇りで6割、雨の日で2割程の紫外線が常に降り注いでいます。紫外線には、生活紫外線とも呼ばれる、家の中にいても、永い間に肌の奥にしみこみ肌の張りをなくし、しわやたるみなどの原因をもたらすものと、屋外で浴びる紫外線は肌の黒化につながりやすくいずれもきちんとした対策が必要です。これらの対策には「花/美・肌ナビ」の紫外線対策を参考にして下さい。



              ―――――――――――――――――――――



 
ミカンの皮で作る育毛水                       /03flsinfohair

ミカンの皮には「陣皮」(漢方医薬)と呼ばれている血行促進効果と抜け予防効果があるとされ、有効成分はミカンの皮に多い「d-リモネン」で、抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンの働きを抑制する効果があり、さらに、皮には毛根の周りにある線維芽細胞を活性化し毛根も元気にするアミノ酸も多いとのことです。(北里研究所・小宮山寛機部長談より)



              ―――――――――――――――――――――



「花(旅)/美・肌」
関連一覧

 陽気に誘われツツジまつり
 ―――――――――
 ア−モンド薄紅の美妙
 ―――――――――
 キブシの花
 ―――――――――
 聖夜はプリンセス色
 ―――――――――
 ため息誘う(青いバラ)
 ―――――――――
 男の化粧品
 ―――――――――
 食用ギクの収穫
 ―――――――――
 土手に残る古き野山
 ―――――――――
 秋の花そろそろ出番
 ―――――――――
 ボタンの花鮮やか
 ―――――――――
 男性用基礎化粧品
 ―――――――――
 12万円のクリ−ム
 ―――――――――
 野生のスイセン
 ―――――――――
 三渓園で盆栽展
 ―――――――――
 くりはま花の国
 ―――――――――
 心も春色になれ
 ―――――――――
 鎌倉・長谷寺紅葉・黄葉・光葉
 ―――――――――
 箱根美術館・紅葉
 ―――――――――
 植物の力で癒されて美しく
 ―――――――――
 紅葉名所京都・永観堂禅林寺
 ―――――――――
 ミカン狩り本番
 ―――――――――
 バラもうすぐ満開
 ―――――――――
 北国の冬景色
 ―――――――――
 秋の菊花展
 ―――――――――
 カ−ネ-ション輸出日本に狙い
 ―――――――――
 ミニチュ-リップ
 ―――――――――
 秋風と地上の夏
 ―――――――――
 黒部渓谷の紅葉とスリル
 ―――――――――
 遊休農地に洋ギクの花
 ―――――――――
 箱根・山野草展
 ―――――――――
 コスモス50万本
 ―――――――――
 紅葉するほうき草
 ―――――――――
 秋越の雪化粧にコスモスの花
 ―――――――――
 10万本(ひまわり)見納めまじか
 ―――――――――
 北の大地・北海道今が盛りのラベンダ−
 ―――――――――
 マンションのル−フバルコニ−
 ―――――――――
 紫外線とつきあう
 ―――――――――
 お肌に紫外線対策
 ―――――――――
 ミカンの皮で作る育毛水
 ―――――――――
 サクラ前線開花予想
 ―――――――――